歯を白くするホワイトニング歯磨き粉

MENU

歯のホワイトニング用語集記事一覧

「酸触歯」とは、象牙質を覆っている歯の表面の「エナメル質」が溶けてしまった歯の事をいい、歯が黄ばんだり、歯を欠損する恐れもあります。食べ物には、様々な形で「酸」が含まれています。酸は歯の表面にあるエナメル質を脱灰してしまいます。酸が歯に触れるとエナメル質が柔らかくなり、ミネラルの成分も一部が失われます。唾液が酸を中和して、ゆっくりと再生しますが、修復には時間がかかり、この途中に酸に再び触れてしまう...

虫歯がないのに、冷たいものなどを口に入れた時や風が当たったりした時に、歯がしみるような痛みを感じます。これは歯ぐきが痩せて歯の根元部分が露出してしまったり、歯の表面にあるエナメル質が何かの原因で摩耗することによって、神経組織を覆っている象牙質が露出してしまい痛みを生じます。これを知覚過敏(象牙質知覚過敏)といいます。

ハイドロキシアパタイトはリン酸カルシウムの一種で、主に歯や骨を構成する主成分のことです。体内では、水とコラーゲンなどの有機物に次に多く、歯のエナメル質の97%と象牙質の70%がこのハイドロキシアパタイトで作られています。生体では脊椎動物の歯や骨や貝殻などにも存在するものです。自然界ではフッ素燐灰石として大量に採鉱されていて、人工的にも製造できます。自然界、鉱物などの生体を構成する成分として存在する...

ポリリン酸(分割ポリリン酸)とはポリリン酸はもともとあらゆる生物の体内にある成分で、鎖状になった物質です。これにはいろいろなサイズのものあり、通常のポリリン酸は食品添加物として広く使われています。体内では人の細胞が持っている修復機能をサポートし、壊れにくくする働きを持っています。分割ポリリン酸は歯科の分野で力を発揮しており、歯周病菌や虫歯の菌などの抗菌作用をはじめ、歯の表面に沈着した歯の黄ばみやく...

フッ素は自然界にもともとある成分になり、さまざまな食品に含まれているミネラルの成分の一つです。魚介類や野菜類、肉類、牛乳、塩、お茶の葉など、たくさんの食品に含まれていて、体への安全も保障されています。

過酸化水素は、歯科医院などで行う歯のホワイトニングの主成分として用いる薬剤です。オキシドールと同じ成分なので歯のエナメル質や象牙質に負担はありません。ただ液体のため、過酸化水素のみでは歯の表面に一定時間留まらず、すぐに乾いてしまうため十分な効果を得ることができません。 そこで、シリカやグリセリンといった無機化合物を使って混ぜることによって、歯の表面で長時間留まるように配合にされています。

オフィスホワイトニングとは、歯のホワイトニングを歯科医院やサロンなどで行う方法のことです。歯に過酸化水素を主成分とする直接薬剤を塗り、熱やレーザーを当てることによって薬剤の成分が活性化させてホワイトニングの効果を高める方法です。オフィスホワイトニングの特徴は、すぐに効果が出ることです。歯医医院やサロン等で行うために金額はホームホワイトニングに比べ高くなります。ですが、その日にでも歯を白くしたい人に...

ホームホワイトニングは、自宅でホワイトニング用のマウスピースを使って自分で行う歯のホワイトニングの事で、歯に過酸化尿素または低濃度の過酸化水素を用いて行うことが一般的です。過酸化水素と過酸化尿素の漂白効果は基本的には同じで、過酸化尿素は分解すると過酸化水素と尿素に分かれ、生成した過酸化水素で漂白効果を出します。 過酸化水素は漂白作用がとても強い反面、効果を短期間で失うのに対して、過酸化尿素は少しづ...

現在、歯磨き粉やガムなどで目にする「メタリン酸ナトリウム」とは、もともと食品の形状や保水性を高める食品添加物、そして抗生物質の血中濃度を維持するための製剤として医薬品等の目的で使用されていました。昨今ではステイン除去の効果や沈着防止効果などが認められ、歯磨き剤などに含有されています。

「塩化リゾチーム」は卵白由来のタンパク質で、消炎作用があるため歯科関連では歯痛、歯槽膿漏の薬やトローチなどに配合されています。歯周病予防や痩せてしまった歯茎の改善等にも使用されています。「リゾチーム」は体の中に常に存在している物質で、防御を担っている酵素の一種です。唾液や涙などに含まれ、止血や溶菌、消炎、作用があります。歯ぐきに作用する塩化リゾチームは、腫れや赤みなどを鎮めて歯周病を予防します。怖...

マクロゴード400とは、歯磨き剤などに含有されている洗浄補助成分のことです。マクロゴールドは、ポリエチレングリコールであり、平均分子量によってワセリン状のものから液状のものまであります。歯科用ではマクロゴール400やマクロゴールド600などが使われます。歯磨き剤にマクロゴール400を配合することによって、タバコによるヤニやコーヒー・紅茶などの飲食で付着したステインなどの色素性の付着物を溶解する働き...

ゼオライトは天然の鉱物グループに属される物質です。日本語では「沸石」とも呼ばれていて、ギリシャ語で沸騰する石という意味をもっています。加熱するとブクブクと泡を出して、沸騰するように見えることからその名前が付きました。現在、ゼオライトは歯磨き粉をはじめ、肥料や洗剤など幅広く使用されており、食品添加物としても登録されているので安全性は実証済みです。

塩化セチルピリジニウムは、CPUとも表記される物質で、ピリジン環を有する四級アンモニウム化合物のことです。ブドウ球菌を始めとしたグラム陽性のバクテリアへの強い殺菌作用があり、その他の真菌にも殺菌作用を有します。その特性から液体の歯磨剤や、トローチ、またはうがい薬などの医薬品として使用されています。

歯の表面の汚れや黄ばみを「ステイン」と呼びますが、ステインは色の濃い飲み物やタバコのニコチンなどで付着します。ステインを防ぐには、原因となる歯に色が付きやすい物質をできるだけ摂取しないことが最善ですが、日々の食生活こうした飲み物を減らすのは難しい問題です。そのため付着してしまったステインには、ホワイトニングが必要となります。

りんご酸の名前の由来は、りんごから見つかったことから名付けられました。りんご酸はりんごのみならず、野菜や果物などに含まれており、口に入れた時にピリッとした酸っぱい味がします。これがりんご酸の成分で、ヒドロキシ酸に分けられる有機化合物の一つで、クエン酸と一緒に含まれていることが多くなっています。体内に摂取しても安全なことから飲料に酸味をつけたり、食品などの酸味料としてさまざまな用途に使用されています...

キシリトールは糖アルコールの一種で、キシロースから合成されます。キシリトールは糖であり、砂糖の仲間と考えられるでしょう。キシロースは植物などに含有されており、そこからキシリトールは生成されます。現在では安全な食品添加物としてさまざまな用途で使われています。

審美歯科とは美容歯科とも呼ばれ、歯並びや歯や歯茎の色などの口元の美しさの維持と獲得することを目的とした、総合的な歯科医療分野のことをいいます。ここでは見た目などの美しさに焦点を当てた処置を行います。日本歯科審美学会での歯科審美学の定義は、「顎口腔の形態美や色彩美、機能美の調和を図って、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育や学習に関する学問の体系」とされています。

歯を爪で引っ掻くと、白くねばっとしたものがついてきます。これが歯垢(プラーク)であり、歯垢は食べかすと勘違いされがちですが、実は細菌の塊です。唾液の成分から薄い透明な膜が歯をカバーしていて、この膜は唾液のもつ性質で歯を守る働きを持っています。ここにさまざまな細菌が付着して歯垢になります。歯垢の中の細菌は、飲食などの糖分を栄養として増殖を続けます。さらにねばねばとした物質をつくって、歯の表面に強く付...

デンタルクリーニングとは歯科医院などで、歯の表面に付着してしまった歯垢や歯石などの細菌や汚れ、たばこや飲食物による着色などをクリーニングすることです。口内にはたくさんの細菌が存在しており、これらが歯垢や歯石としてどんどん歯に付着してきます。これらを放置していると歯周病が発症する原因となります。特に歯石は歯垢が石灰化して、強固に歯と歯の間や歯と歯茎の中に張り付いてしまい、自分自身で取り除くことができ...

PMTC(プロフェッショナルティースクリーニング)とは、歯科医院など行われている専門家による徹底した歯のクリーニングのことをいいます。PMTCでは専用の機器とフッ素物入りの研磨剤を使用し、普段の歯磨きケアでは取り除くことのできない歯石や磨き残された歯面の清掃や研磨を行います。綺麗な歯を保つだけでなく、虫歯や歯周病予防に効果があります。歯と歯周組織の健康は、ホームケアだけでは難しく、歯科医院とのケア...