歯を白くするホワイトニング歯磨き粉

MENU

(塩化)セチルピリジニウムとはどんなものか?

塩化セチルピリジニウムは、CPUとも表記される物質で、ピリジン環を有する四級アンモニウム化合物のことです。

 

ブドウ球菌を始めとしたグラム陽性のバクテリアへの強い殺菌作用があり、その他の真菌にも殺菌作用を有します。その特性から液体の歯磨剤や、トローチ、またはうがい薬などの医薬品として使用されています。

セチルピリジニウムの殺菌作用で歯周病予防

歯周病にかかっている人は大変多く30歳を過ぎた人のおよそ80%が持っている病気と言われています。

 

始めは歯ぐきに炎症がおこり、症状が進んでいくと最後に歯が抜けてしまうこともあります。日本人の歯の損失の原因の多くは、この歯周病からきています。歯周病は、歯垢や歯石の沈着が原因です。口腔内の汚れが歯周病菌の栄養となり、この細菌が増えてしまうと歯垢が多くできます。したがって歯周病の対策では殺菌成分で原因となる細菌の増殖を阻止し、血行を促進して歯ぐきの再生を促すことが重要です。

歯周病菌と戦う塩化セチルピリジニウム

歯周病菌の殺菌剤として、大きく2つの効用が必要です。まず歯磨き時において即効性のある殺菌能力。そしてもうひとつは歯の表面に長時間留まり、歯周病菌の増殖を防ぐ殺菌能力を持つことです。

 

つまり短期と長期、即効性と持続力を持つ優れた効果がある殺菌剤が理想になります。そこで塩化セチルピリジニウム(CPC)の持つ殺菌効果が注目されました。

 

塩化セチルピリジニウムは、主に口腔内において繁殖しやすい細菌を消毒殺菌のための薬剤です。原因疾患に伴って、発生するレンサ球菌やブドウ球菌などの病原菌を死滅させる働きがあるため、咽頭炎や扁桃炎、口内炎の消毒に使われています。うがい薬などに使用されていた塩化セチルピリジニウムは、安全性はもちろんのこと、歯周病菌に対して理想的なダブルの効果をもった殺菌剤です。歯周病菌と戦う新しい歯ぐき・歯磨という役割に、この塩化セチルピリジニウム(CPC)を中心成分とする薬剤が注目されています。

ホワイトニング歯磨き粉特集

関連ページ

歯が溶けてしまう恐ろしい酸触歯とは?
酸触歯とは、歯の表面にある「エナメル質」が溶けてしまった状態のことで、歯の全体が黄ばんだり、歯が欠損してしまう状態の歯の事を指します。これらは飲食物などに含まれている酸によるもので、治癒は難しく治療が必要となります。
歯がしみて辛い知覚過敏とは?
知覚過敏(ちかくかびん)とは歯の表面のエナメル質が薄くなったり、歯茎がやせてしまい歯の根が露出したりして、歯の神経を覆う象牙質がむき出しの状態になったときに、しみたような痛みのことです。
歯を再生修復を助けるハイドロキシアパタイト
ハイドロキシアパタイトとは、リン酸カルシウムの一種で歯と骨を構成する主成分の事です。最大の特徴は、人間の骨の成分に近いことから生体との親和性が高いことで、化粧品や健康食品などにも配合されたり、医療用具や歯科材料の合成成分として広く使用されています。
歯を美しく健康にしてくれるポリリン酸とは?
ポリリン酸(分割ポリリン酸)は、生体の中にもともとある成分です。この成分は人の細胞が持っている自己修復機能をサポートして壊れにくくする力があります。特に分割ポリリン酸は、歯のくすみや黄ばみを除去する力や沈着を阻止する働きを持っています
虫歯予防に最適!フッ素とは?
フッ素はもともと自然界に存在するもので、歯に塗布することによって歯垢などにいる細菌の活動を抑制する作用があります。また飲食などによって溶けたエナメル質を修復して歯を強化したり、虫歯の発生を阻止する働きがあるため、虫歯の予防に有効な成分です。
強力な歯のホワイトニング剤、過酸化水素とは?
歯科医院で行うオフィスホワイトニングの主成分として使用しているものが過酸化水素です。過酸化水素はオキシドールと同じ成分なので、歯のエナメル質や象牙質に負担をかけずに安全にホワイトニングができるため、昨今では広く使用されています。
歯科医で行うオフィスホワイトニングとは?
オフィスホワイトニングとは、歯科医院やサロンなどで薬剤と光を使用して行う歯のホワイトニングの方法の事です。歯科医院で行うホワイトニングは、高濃度の薬剤を使用するため短期間で白くなります。
自宅で自分で行うホームホワイトニングとは?
ホームホワイトニングとは、自分で行う歯のホワイトニングの事で、家で行うホームホワイトニングと歯科医院などで行うオフィスホワイトニングがあり、家で行うホワイトニングは低濃度の薬剤を使用するため効果は緩やかになります。
歯磨き粉やガムに含有されてるメタリン酸ナトリウムとは?
「メタリン酸ナトリウム」とは、もともと医薬部外品や食品添加物の乳化剤として使われている物質です。現在では、ステイン除去や歯石の沈着防止の効果があると注目されて、歯磨き剤やガムなどに配合されている成分です。
歯周病菌に効く塩化リゾチームとは?
塩化リゾチームは歯周病、歯槽膿漏、歯肉炎を予防する働きがあり、歯を健康的に保つ作用をもっています。リゾチームは、もともと体内にある防御酵素です。だ液や涙などに含まれており、止血や消炎、溶菌などの作用があります。
歯の汚れやヤニを除去するマクロゴール400とは?
マクロゴール400は、無色透明の粘稠性のある液体性のポリエチレングリコールのことです。歯磨き粉などに配合されている洗浄補助成分になり、飲食によるステインをはじめ、タバコによるヤニなどの色素の沈着物を溶解する働きを持っています
ステイン除去や着色の防止に効果のゼオライトとは?
ゼオライトは鉱物グループの一種で、歯磨き剤などに使用されています。歯にこびりついてしまったステインやたばこのヤニの付着を防御除去して元の歯の白さに戻す働きを持ち、さらに歯石の付着を阻止したり除去する働きがあります。
歯の色素沈着ステインとは、どんなものなの?
歯の表面や色素沈着によって起こる汚れと黄ばみのことをステインと呼びます。紅茶やコーヒーに含まれるタンニンやタバコのニコチンなどが長期間に渡って歯に沈着したり加齢によって起ります。これを除去するには、ホワイトニングが必要となってきます。
ステインや黄ばみ汚れに効くりんご酸とは?
りんご酸は、りんごやブドウなど果実などに含まれる酸の一種です。歯のステインである色素沈着、黄ばみや汚れを分解し除去するという作用があるとされ、日常に使用する歯磨き剤などにも幅広く使用されています。
キシリトールは虫歯にならないってほんと?
キシリトールは、砂糖の仲間で糖の一種です。砂糖と同等の甘み成分を持ちながらも虫歯の原因にならないことに加えて、虫歯の発生や進行を防ぐという効果があります。この働きは他の甘味料にはなく、キシリトールだけの効果です。
見た目の美しさを重視する審美歯科とは?
審美歯科(しんびしか)とは、主に見た目の美しさという面に重点をおいた、美容向上を目的とした歯科治療をことで、より美しく綺麗な口元に改善することを目的として行われる総合的な歯科医療分野のことです。歯のホワイトニングや矯正などもこの審美歯科分野に該当します。
虫歯や歯周病菌の原因を作る歯垢とは?
歯垢はプラークとも呼ばれていて、細菌の塊の事をいいます。1mgの歯垢の中には細菌が数億個もいて、およそ数百種類の細菌が存在します。この中には虫歯菌や歯周病菌なども含まれていて、これらの菌が毒素や酸を出すことにより虫歯や歯周病が起こります
デンタルクリーニングの目的と効果は?
デンタルクリーニングは歯科医院などで行う歯のクリーニングのことです。歯の健康を維持する目的として、歯の表面の付着した汚れやヤニなどを除去したり、歯垢や歯周ポケットに入りこんだ歯石を除去を行ないます
PMTCって何?どんな効果があるの?
PMTCとは専門的機械歯面清掃のことです。歯科医療サービスなどで、歯の付いた歯垢や歯石や汚れなどを1本ずつ丁寧に機器を使って歯のクリーニング行い、普段の歯磨きでは取り除くことのできないような頑固な歯の汚れを落とします。