ホワイトニング歯磨き粉FAQ

MENU

ホワイトニング歯磨き粉FAQ記事一覧

歯科医で行うホワイトニングをオフィスホワイトニングといいます。歯科医で全部の歯をホワイトニングしようとした場合、保険適用外ですのでおよそ10万円以上もの費用が掛かると言われています。歯科医で使われているホワイトニングの主な成分は過酸化水素ですが、日本の市販の歯磨き粉には、この過酸化水素の配合は認可されていません。そのため家で行うホワイトニング歯磨き粉というのは、歯を漂白する方法で白くするのではなく...

自宅で歯を白くするための、歯磨き粉の選び方を検証しました。ホワイトニング歯磨き粉を選ぶポイントとして、以下の3点があります。使い勝手で選ぶホワイトニング歯磨き粉は、毎日続けることで次第に歯を白くするため使いやすさが重要になります。歯磨き粉の種類も様々なタイプがあり、チューブ、ジェル、パウダー、水を使わずに使用するものまた、泡立ちが多いもの、少ないものなど、ただしっかり長く磨くという点では、泡が少な...

市販されているホワイトニング歯磨き粉の価格は2,000円前後から1万円を超えるものまで大きな差があります。ピンからキリまでとても幅が広く、どの価格帯のものを選んだらいいのか頭を悩ませます。ただ配合されている成分は特に大差がないため、実際には値段の差がどういう風に影響しているのかわかりませんが、高いものが一概に良いとも言えません。商品には研究費や宣伝費なども含まれているので、その辺で差が出ている場合...

当サイトでは、実際にモニターにお願いしていくつかのホワイトニング歯磨き粉で実験してみましたが、だいたい1ヶ月程で効果が表れてくるようです。ただこれも黄ばみの原因や状況、個人差があるので、だれでも1ヶ月で効果が出るとはいいきれません。

最近、ホワイトニングをかかげた、高価な電動歯ブラシもでてきています。本来電動歯ブラシは、基本的には振動や超音波で細かくブラッシングをするためのもので、歯を白くするための成分は入っていません。市販の歯磨き剤をつけて激しくこすると、大切なエナメル質まで傷をつけてしまうことになってしまいます。ただ、手動歯ブラシと比べると磨く強さが同じなので、中には電動歯ブラシを進める歯医者もいます。ただしこれはあくまで...

普通の歯磨き粉には研磨剤入りのものが多く研磨剤によって歯のステインを削り取れる可能性はありますが、同時に歯の表面に細かい傷を作ってしまうことがあります。こうして歯に傷ができることで、コーヒーや紅茶などのステインがより再付着しやすくなってしまうのです。歯の汚れが気になるからといって歯を強く磨いてしまうと、歯の表面が削れて表面がざらざらになり、汚れがつきやすい状態になってしまいます。それに対してホワイ...

ホワイトニング歯磨き剤には、様々なヤニ取り効果の成分が配合されていますが、この「マクロゴール400」は、長年タバコをつい続けてきた人の黄色いヤニや汚れを溶解し除去する働きを持っている協力なヤニ消し成分です。一度付いてしまったヤニ汚れは、粘着性でステインの中でもなかなか落ちにくくなっていますが、マクロゴール400はそのヤニを溶解し溶かすことでタバコの嫌なヤニを落としてくれます。そもそも、マクロゴール...

口臭の原因は様々で、口内においては歯石や歯垢によるものが多く、ついで虫歯や歯周病となります。自分では何か原因か分からないので、口臭が酷くなったら医師に診察してもらうと良いでしょう。口臭の原因が歯周病や虫歯なら、早めに処置が必要になるためです。そもそも口臭は何から発生しているのかというと、口の中にいる細菌の増殖によってガスが発生して口臭の原因となります。そのため口臭予防には、殺菌効果の成分が含まれた...

ホワイトニング歯磨き粉に配合されている成分のうち、ホワイトニングだけではなく歯周病を予防する成分が含まれているものがあります。その成分が塩化リゾチームです。塩化リゾチームはもともと体の中に常在している物質になり、防御を担っている酵素の一種です。唾液や涙などに含まれ、止血や消炎、溶菌作用があります。塩化リゾチームで歯周病予防塩化リゾチームは卵白由来のタンパク質で、消炎効果を有し、歯科関連では歯周病や...

ホワイトニング歯磨き粉に配合されている成分のうち、ホワイトニングだけではなく虫歯予防に効く成分が含まれているものがあります。ホワイトニング歯磨き粉を買う場合は、他の成分にも注目したいところです。例えば、ゼオライトやハイドロキシアパタイトが配合されているホワイトニング歯磨き剤ならば、虫歯予防も同時にできてしまうのです。