歯の汚れ・口臭・歯周病などの悩み

MENU

歯の汚れ・口臭・歯周病などの悩み記事一覧

歯の表面を覆うエナメル質は半透明で、ハイドロキシアパタイトという結晶が規則正しく並んでいます。この結晶は光の浸透性が高く、下の象牙質にあたり拡散した光が、私たちの目に歯の自然なツヤや輝きとして映ります。表面のエナメル質が傷つき表面がざらざらになると、歯のツヤや輝きが見えなくなってしまいます。目で見て歯に輝きとツヤがあると感じるのは、歯から反射してきた光の強弱によるもので、表面がスムースでなめらかな...

タバコのヤニの成分のニコチンやタールは、歯を褐色に変化させて唾液中のカルシウムなどと結びつき、歯に強力に固着してしまいます。固着までには数日かかるので、毎日きちんと歯磨きをしていればヤニは蓄積せずに済みますが、ヘビースモーカーの人や毎日の歯磨きが十分でないと、ヤニ汚れとなって蓄積してしまいます。タバコのヤニによる着色汚れは、飲み物や食べ物の色素沈着とは比べものにならず、一度ついてしまうとなかなか取...

歯の表面に付着したステインは主に、色の濃い飲食からくるもので、コーヒーや紅茶、ワインをよく飲む人は、特にステインが蓄積しやすい傾向にあります。一度歯にステインが付着してしまったら、毎日どれだけ丁寧に歯を磨いていてもなかなか落ちにくくなります。しかもちゃんと磨いているはずなのに色素の沈着はどんどん酷くなり、やがて歯が黄ばんでしまい、人前で歯を出して笑ったりするのが恥ずかしく感じるようになってきます。...

歯が黄ばんだりくすんだりする原因には、歯の表面の汚れや飲食の際に付くステインだったり、タバコのヤニだったりしますが、もう1つ大きな原因があります。それは、歯の表面のミクロの傷からくるものです。これはどういうことかというと、歯の表面を覆うエナメル質は半透明で、ハイドロキシアパタイトという結晶が規則正しく並んでいます。光の浸透性が高く下の象牙質にあたって拡散した光が、私たちの目に歯の輝きとして映ります...

妊娠すると女性の体には、いろいろ変化が起こります。女性ホルモンが増え、唾液や胃液などの消化液の質やその状態も以前とは変わっていきます。このような変化は歯と歯ぐきにも大きな影響がありがあり、むし歯や歯周病の原因となります。歯周病は感染症のひとつなので、おなかの赤ちゃんの健康にも重大な影響を起こします。赤ちゃんと母体の健康のためにも、しっかりと口内の健康を守らなければなりません。

人の歯や歯肉には、歯垢(プラーク)があります。どんな人にも歯垢はあるもので、毎日の歯磨きによっていかに取り除けるかが重要になります。本来、歯磨きで歯垢を落とすことは、さほど困難なことではありません。 毎日ちゃんと歯磨きができている人は、歯の周りに歯垢が残ることはありません。ただし歯並びの悪い方の場合、手を抜かずに歯磨きをしたにも関わらず、歯に歯ブラシが届かないことで歯垢が残りやすくなってしまいます...

白く輝く美しい歯は、皆の憧れです。ところがコーヒーや紅茶、ワインなどの色の濃い食べ物や喫煙によって、歯の着色汚れ(ステイン)が付着してしまいます。できれば歯に色が付きやすい物質を摂取しないようにすることが得策ですが、日々の食生活では難しいといえます。付着してしまったステインには、ホワイトニングが必要となります。ステインを除去するホワイトニングは、歯科医院などでも行えますが、保険適用外なので高額です...

家のコーヒーカップや湯のみは、毎回ちゃんと綺麗に洗っているつもりなのに、いつのまにか内側が茶色くなってしまっています。これはタンニンが金属イオンや蛋白質と結合して沈着したもので、この状態になってしまうと水に溶けにくく、洗うだけではこの汚れは容易に取れなくなってしまいます。まさしく歯も同様です。色の濃い飲料であるコーヒー、紅茶、お茶、赤ワインなどのドリンクなど、鉄分が多い色の濃い食べ物、それにタバコ...

美しく輝く白い歯は清潔感がありとても素敵です。ところが日々の生活の飲食や喫煙により歯に色素汚れ(ステイン)が沈着すると、くすんだり黄色い歯になってしまっています。そんなとき、手っ取り早く出来る方法なのが、歯科医院でのホワイトニング。高濃度の薬剤を歯に塗り、光を当てる方法ですが、歯を白くするという目的は審美治療となりますので保険が適当されなくなり、費用が高額になります。また何度か歯科医院に通わないと...

歯が黄色くなる原因としては、ワインやコーヒー、紅茶などの飲食で発生する色素沈着による黄ばみが多くなっています。ただ毎日しっかり歯を磨いているのに歯が白くならない時や、さらに黄色く変色してきている場合は、注意が必要です。それはステインによる黄ばみではなく、酸触歯といって歯の表面にある「エナメル質」が溶けた状態になっている可能性もあるので、自己判断はやめてすぐに医師の診断を受ける必要があります。

口臭と口内の関係は深く、口臭の元となるものには大きく3つの原因があります。虫歯から来るもの、歯周病から来るもの、そして歯垢や歯石から来る口臭があります。

健康な人の歯茎は、綺麗なピンク色です。しかし日ごろの習慣などにより、黒ずんでしまうことがあり、そのまま放置を続けると、色々なトラブルが起こる可能性もあります。歯茎の黒ずみを解消するには、何が原因の黒ずみなのかを確認し、治療を行うことが大切です。

歯が生まれつき黄ばんでいたり茶色っぽかったりするのは、歯が作られる時期にエナメル質の形成が阻害されるために起きると言われています。これは「エナメル質形成不全」という症状で、歯のエナメル質が作られる時期に、何かの原因で石灰化不全を起こすことで発生します。また、母親が妊娠中に抗生物質を服用しても起こる可能性が高くなります。歯の白さはエナメル質によって決まるため、エナメル質の形成がままならないままならな...

1本の歯だけ他の歯と比べて色が違っていることはありませんか? 虫歯などの治療を行なった時に、神経を取り除いた歯は時間と共に徐々に黒ずんできてしまいます。この黒ずんだ歯はとても目立ってしまいますが、変色の主な原因は「歯髄損傷」や「歯髄を除去する治療」の際に出た血液や腐敗物が象牙質に浸透してしまい、それが経年変化によって黒ずみになってしまいます。

歯磨き粉の主な目的では、虫歯の予防と歯周病の予防、ステイン除去や黄ばみなどの色素沈着の解消とヤニ取り、口臭を防ぐことなどがあり、さらにホワイトニングを目的とした歯磨き粉などもあります。歯磨き剤を選ぶ時は、成分チェックも重要です。ホワイトニングに特化した成分しかないものもありますので、総合的にオーラルケアをしたい場合には、ホワイトニングの成分以外にも歯周病予防の塩化リゾチームや、虫歯予防のハイドロキ...